支援施設での仕事

sample支援施設で働く場合、障害を持つ人を相手に作業のサポートをすることになりますが、 急性のケガや病気による短期のケアではなく長く取り組んでいくことが多くのケースで必要です。 そして、住み慣れた場所でより自分らしく生活をし、社会の中で生きがいをもって生活をしていくためのサポートを行います。 支援施設での作業訓練はその人ごとの障害の特性ややりたいと考えていることにできるだけ合わせたカリキュラムを作り、実践していくことです。

内容によってはなかなかうまくできないこともありますが、それもその人の経験となるため次はうまくできるようにサポートして作業訓練を行っていきます。 障害の特性によっては、他の人より優れた生産性を発揮する場面もあるため、その人が生きてきた経緯や個人の好み、 要因なども把握した作業内容を作ることが作業療法士に求められています。

また、支援施設での訓練は生活が自分でできることだけでなく仕事も含めて生活全体が可能になることを目指し、 さらに地域の中に溶け込んだ生活が送れることまでを目標とするので、長期に渡る継続したサポートに取り組む場所です。 同じ作業療法士でも働く場所や相手にする人によって必要とされるサポートの内容は違ってくるため、 どのような働き方をしたいかによって就職先を検討することもやりがいを見出すポイントになります。